コンファレンス主催者: 
『プロジェクト13%』企画メンバーの多くは、金融市場プロフェッショナルのインターネット・コミュニティサイト『バーチャル・マーケッツ・ジャパン』のメンバーでもあります。 
 

カンファレンス協賛:
『プロジェクト13%』 は、組織の枠を越えた個人活動です。今回のコンファレンスム企画の事務費は、この企画メンバーの自己負担、そしてコンファレンスの会議費は、チケット販売により参加者の皆様と『(財)渋沢栄一記念財団』暖かいご支援のお陰で開催いたします。 

☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆ 

 

『プロジェクト13%』について

 

「良き」日本の時代は、自動パイロットの時代でもあった。

会社に入社し、年を重ねるたびに昇進した。

昇進するたびに、給料は上がった。

昇進する先も、はっきりと見えていた。

退職しても、ハッピー年金生活も約束されていた。

 

ただ、

現在の混沌とした時代。

何かが、違う。

 

自動パイロットではなく、

自分で操縦することが求められている。

それは、良く聞かされることであるから、

わかっている。

 

自分にとって、もっとも大切な「資産」、

そして「投資先」は、

自分自身である。

 

人生設計で一番重要な収益源泉は

自分である。

それは、わかる。

 

でも、

実際に何をすれば良いのか?

一人じゃわからない。

 

いや、

何かをしなければならないことは、大体わかるかもしれない。

自分のために、家族のために、そして社会のために。

が、

何ができるか?

一人じゃ山は動かない。

 

だったら、同じような志を持っているような人たちが、

集まる居場所を造ってみないか?

 

そして、

「先生」から教えてもらうという受身を脱皮し、

皆と一緒に「自分」で考えて、工夫してみよう。

何をしなければならないか。

何をできるかを。

 

このような思考が社会の13%を超えれば、

大きく動くのではないか?

いくら大きな山でも。

☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆ 

 

『プロジェクト13%』の名前の由来

 

新しいコンセプトの商品が市場に出ると、

いくら消費者のニーズに合ったものでも

最初からは売上は伸びない。

 

ただ、

普及率が12〜13%を超えると、

一気に売上が上昇するという例がしばしば観測されるそうだ。

◎ 臨界点

◎ クリティカル・マス

◎ ティッピング・ポイント

というものを超えたということであろう。

 

では、12〜13%のルールは、

モノの普及だけではなく、

アイデアや構想にも応用できるのではないか?

 

過去の時代の非常識が、

新しい時代の常識になる。

 

組織の枠を越えた、

仕事の領域を越えた、

仲間たちがワクワクしながら

このポイントを探るプロジェクト。

これが、『プロジェクト13%』である。

☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆ 

 

『プロジェクト13%』の活動&提案

 

2003年の春に、「12〜13%を超える」ことを考える

勉強会が月1回ペースで始まった。

参加者は、主に金融業界に勤める。

このままの現状に、フラストレーションや危機感まで

感じたひとり一人が組織の枠を超えて集まった。

 

せっかく、集まったのであるから、

内輪の話だけに留まることなく、

何かもう少し広く、声をかけることはできないか。

我々と違う社会の領域でも、同じようなことを

同じように問題視している人たちがいるはずだ。

領域が違っても志のベクトルは一致している。

 

そのような人たちを、同じ場所に集めることに

意義があるのではないかと考え、

フォーラムを企画することになった。

 

勉強会の中から、この企画メンバーに参加する

という意志のメンバーは、秋口から週一の会合に

コミットメントを更に高めた。

 

我々の提案は、豊かなライフデザインは

個人が自ら考え、構築するものということである。

◎ 個人の志の豊かさ(ビジョン)

◎ 個人の心と体の豊かさ(ウェルネス)

◎ 個人の経済的な豊かさ(ウェルス)

この三つが一致するところが真の豊かさ

ではないかと考える。

 

このような切り口で、論客のパネルディスカッションにより、

考える場所を設けたい。ただ、個人が自ら考えて、実行する

際に重要なのは、

個人ひとりの判断ではなく、

家族という

単体の判断であろう。

従って、ご夫婦、ご家族と一緒にご参加することを是非お勧めしたい。

 

当日、会場の裏舞台には、モニター付きのフリースペース室も

設けるので、小さいお子様とご一緒の方もお気楽にどうぞ。

 

金融のプロであるかもしれないが、このようがイベントを

企画することに関しては、まったくの素人集団である。

行き届かないところもあるかと思うが、

Please Come Join Us !!

☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆ 

 

『プロジェクト13%』の企画メンバー

 

伊井さん    外資系証券           

井上さん    外資系投資顧問会社     

井上さん    外資系銀行           

大山さん    証券会社            

木村さん    外資系信託銀行        

小室さん    学生              

渋澤さん    投資コンサルティング会社    

竹田さん    外資系証券会社        

永井さん    証券会社            

原田さん    格付け会社           

平塚さん    外資系証券会社        

平山さん    投資顧問会社

宮本さん    事業会社

村松さん    生命保険会社

山下さん    信託銀行

吉村さん    シンク・タンク

☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆★☆ ☆ 

「プロジェクト13%の友の会」で当プロジェクトの活動などにアップデートを希望なさる方々は、下記のメールグループに登録してください。空メールを送信していただければ自動処理できます。

project13percent-subscribe@egroups.co.jp